合唱グループ「まほろば」ブログ

東京都・埼玉県を中心に活動している新進気鋭の合唱グループです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2012年6月練習

2012年6月23日(土) 18:00~21:00@南越谷公民館パレット
参加者13名

【発声】
腹式呼吸の「吸う派」「吐く派」の派閥について。
一つの発声概念に捕われず、長所短所を見ておくこと。
ブレス4種「クレッシェンド」「デクレッシェンド」「山なり」「羊羹」。
副鼻腔について。
上昇音形ではブレスを増して。
5度は幸福感、根音は安定感(家に戻った感じ)

【ヒスイ】
全体を幾つかのブロックに分けて考える。少し修正します。
練習番号として書いておいて下さい。
[Intro]1-12小節
[1-1]13-28
[1-2]29-44
[2-1]45-60
[2-2]61-84
[3]85-100
[4]101-122(転調)
[Coda]123-140

今回の練習は[1-1][2-1][3][4][Coda]。
[2-1]は[1-1]と全く同じ。
[3]は[1-1]とほぼ同じ。(99-100のみ違う)

「なみだ」のNをしっかり目に。「あみだ」に聞こえないように。
「遠い」「草原」「手のひら」などの単語は必ず繋げる。
単語の中の長い音符は、次に繋げるようにブレスを増して

Sは基本情感たっぷりに。
Aは細かな違いに対して冷静に。
Tは役割に応じた音楽づくり。
支える場面か、前に出る場面か。主にソプラノとの音高関係で判断。
Bは単調にならないよう。音色にも気を配って。

110小節の女声の音程は難しい。要確認。
117小節の男声のff-mfは、固いアクセントではなく、
空気の塊が通りすぎていくような重さをもって。
123小節のpは「弱い」イメージではなく、心の内面から湧き出るイメージ。
124小節から、「lala」が見えるように発語。
男声のオクターブを意識。
128小節のブレス位置確認。
136小節は少しrit.するのでSは持ちこたえて。
最後は譜面よりは早めに切ると思われる。

スポンサーサイト

PageTop

次回の活動について

次回まほろばは6月23日(土)南越谷公民館パレットにて練習を行います。

PageTop

コンサート報告

第28回越谷市民合唱音楽祭での公演は無事終了いたしました。
ご来場していただいた皆様、ありがとうございました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。